電力自由化の流れ

電力自由化の流れ

電力自由化の流れ

電力自由化とは?

これまで電力は、決められた地域の電力会社(東京電力、関西電力、中部電力等)によって、独占的に供給されてきました。
その独占的な状態から、「電気の安定供給の確保」「電気料金の抑制」「電気利用の選択肢や、企業の事業機会の拡大」の3つを目的として電力自由化が実施されました。
これにより、地域の電力会社に加えて、さまざまな新電力会社が誕生し、自由に電力を販売できるようになりました。

これまでと変わらない
安心の電力供給

「新電力会社に切り替えると、停電が起きやすくなったりしないか不安」という声が多く聞かれますが、ひまわりでんきに切り替えても、電力会社の送電網を使って電気をお届けしますので、停電が増えたり、電力供給が不安定になったりということはありません。
今まで通りの品質で安心してご利用いただけます。

これまでと変わらない 安心の電力供給